ホーム »» ガイド »» 法律事務所および弁護士向けのクラウドストレージ

弁護士および法律事務所向けに選択された5つのクラウドストレージ

クラウドストレージの名声と人気が高まるにつれ、多くの企業や法律事務所などの企業が、オンプレミスのファイルサーバーからクラウドストレージプラットフォームやバックアップシステムに移行しています。

これについては以下で説明しました ローカルストレージとクラウドストレージ.

結局のところ、いつでもどこでも、どのデバイスからでも、ドキュメントやその他の種類のファイルにアクセスする方が簡単ではないでしょうか。

それに直面しよう;クライアントのファイルをジャグリングして特権を保護すると、多くの事務処理が必要になり、多くの時間がかかる可能性があります。

クラウドコンピューティングなどのテクノロジーは、請求書、レポート、調査ドキュメント、その他の書類などのファイルをクラウドに保存して共有、コラボレーション、ストレージ機能を実現することで、これらの問題を解決できます。

オンラインで保存する方が簡単なので、リストを作成しました。 トップセキュアクラウドストレージ 法律事務所や弁護士のためのプラットフォーム。

現在、ハッキングされたり、誤ってクラウドストレージへのアクセスを提供したりする恐れがある場合は、心配しないでください。

この記事は、以下のクラウドストレージプラットフォームがそのことで知られていることを保証するためにここにあります 手頃な価格を念頭に置いたセキュリティと信頼性の機能.

結局のところ、それはビジネスです。

なぜクラウドストレージが法律事務所や弁護士にとって最良の選択肢なのですか?

クラウドストレージが弁護士にとって最良の選択肢である理由

多くの企業がクラウドストレージシステムに群がっているのは当然のことであり、それには大きな理由があります。トップのクラウドストレージプラットフォームのいくつかは、最高のセキュリティ機能を提供します。

当然のことながら、弁護士を含む法律事務所は機密ファイルを処理しており、悪意のある人の手に渡ってはなりません。

したがって、優れたセキュリティ機能を備えた堅牢なクラウドストレージプラットフォームがこの問題に対処できます。

SSL / TLSプロトコル、残りの暗号化、2要素認証、ランサムウェア保護などのセキュリティ機能は、転送中および保存中にファイルとアカウントを保護します。

豆知識:

知っていますか Onedriveのホームユーザーは、保存時にファイルやデータを暗号化することはありません。保管時の暗号化は、エンタープライズユーザーである場合にのみ使用できます。私たちから誰が勝者であるかを見つけてください GoogleドライブvsDropbox vs Onedrive ここに。

さらに、一部のクラウドストレージサービスはゼロ知識暗号化を提供し、あなた以外の誰もあなたのファイルを読み取れないようにします。

私たちのブログ記事を読んで ゼロ知識暗号化の仕組みの詳細.

弁護士専用のクラウドストレージ

法律事務所は忙しい蜂であることが知られているため、この記事では、高速で実行され、スムーズで楽しいユーザーエクスペリエンスを提供することが知られている最高のセキュリティで保護されたクラウドストレージサービスを取り上げます。

全体として、以下にリストされているクラウドストレージプラットフォームは非常に使いやすいので、使用方法を知るために説明を読む必要さえありません。

また、共有機能が不可欠であり、弁護士が他の人と協力してファイルを安全な方法で簡単に共有できることも明らかです。

したがって、以下のリストでは、利用可能な共有機能とオプション、およびそれらの安全性について詳しく説明します。

少なくとも最後のではなく、 クラウドストレージは、パスワード保護などのコンテンツ制御オプションを提供します、権限、およびコラボレーションの有効期限。ファイルをより安全に保つのに役立ちます。

それでは、以下のリストに移動しましょう。

弁護士のための5つの最高の暗号化されたクラウドストレージプラットフォーム

  1. pCloud

弁護士のためのpCloud

優れた堅牢なセキュリティ機能
寛大な無料ストレージ
ゼロ知識暗号化
クライアント側の暗号化
多層保護
pCloudプライベート暗号化は有料のアドオンです(pCloud Crypto)

pCloudはスイスを拠点とする企業であり、アクセシブルな機能と安全なクラウドストレージソリューションを提供することで知られています。

2013年9月に設立されたpCloudは、そのセキュリティに誇りを持っており、それには理由があります。 最先端のクラウド暗号化保護.

全体として、pCloudは、堅牢なセキュリティ、優れた使いやすさの機能、および有能な共有オプションを提供します。

ファイルの保護を保証するために、pCloudはAES 256ビット暗号化を適用して保存中のファイルを保護し、TLS / SSLプロトコルを適用して転送中のファイルを保護します。

さらに、ファイルがpCloudデータセンターの1つに到達すると、5つの異なるバージョンが作成され、少なくとも3つの異なるサーバーに配布されます。

ファイルをさらに保護するには、アカウントを保護するために2要素認証を使用して、だれも資格情報を盗むことができないようにする必要があります。

彼らのデータセンターは、警備員と24時間年中無休の監視で十分に保護されています。

pCloudの使用–印象と全体的な経験

機能に移ると、pCloudデスクトップは非常に使いやすいです。

すべてのファイルがすぐに使えるようになるまで、明確で直感的でわかりやすいです。

彼らのコラボレーションツールは簡単です。あなたがしなければならないのは彼らの電子メールまたは名前を追加することだけであり、彼らはすぐにファイルまたはフォルダにアクセスすることができます。

また、アップロードリンクを介してファイルをクラウドにアップロードすることを許可することもできます。

共有リンクを保護するためにパスワードを作成し、有効期限を設定することもできますが、これらはプレミアムプランでのみ利用できます。

ただし、これらの共有ファイルはpCloudプライベート暗号化では暗号化されません。

pCloudについてよくわからない場合は、いつでも試してみることができます。 無料プランにサインアップ、10GBの十分なストレージスペースを提供します。

それは素晴らしいオファーであり、これが pCloudはお気に入りのクラウドストレージサービスの1つです グローバルに。

プレミアム&プレミアムプラスプラン

pCloudは、プレミアム500GBとプレミアムプラス2TBの2つの個人プランを提供します。

プレミアム500GBは以下を提供します:

  • 毎月
  • $499毎月
  • 毎月請求
  • 毎年
  • $399毎月
  • 毎年請求

一方、Premium Plus2TBは以下を提供します。

  • 毎月
  • $999毎月
  • 毎月請求
  • 毎年
  • $799毎月
  • 毎年請求

ただし、これには欠点があります。pCloudは、プライベート暗号化であるpCloudCryptoに対して追加料金を請求します。

pcloud暗号価格

このプランは、法律事務所に所属していないフリーランスまたは契約弁護士に最適です。

法律事務所の場合は、事業計画を検討することをお勧めします。

事業会社として、30日間無料でpCloudを試すことができます。 pCloudは、ビジネスプランの各ユーザーに1TBのストレージとpCloudCryptoを提供します。

上記のように、どのデバイスでも機密ファイルを暗号化して保護することができます。

ゼロ知識暗号化、クライアント側暗号化、およびマルチレイヤー保護を提供するため、価格はリーズナブルです。

pcloud暗号のビルディングブロック

したがって、pCloudCryptoの購入を検討することをお勧めします。

今、あなたがしたい場合 pCloudについてもっと知る、詳細な記事を確認することをお勧めします。

  1. Sync.com

Sync-com

ゼロ知識暗号化
高度なセキュリティ
グローバルデータプライバシーコンプライアンス
PIPEDAコンプライアンス
多層保護
月額プランはありません
Linuxサポートは提供されていません

Sync.comがここで言及されているのは当然のことです。

繰り返しになりますが、Sync.comは、優れた機能と堅牢なプライバシーおよびセキュリティ対策を提供する主要なクラウドストレージプラットフォームの1つです。

pCloudと同様に、Sync.comはIDとパスワードを保護するために2要素認証を提供します。したがって、これら2つのサービスのいずれかを使用する場合は、それを利用してください。

彼らのウェブサイトで言及されているように、彼らはクラウドであなたのプライバシーとセキュリティを保護することを約束しています。

エンドツー暗号化を実装し、アプリケーションの使用情報を広告主やサードパーティに共有することを含め、ファイルを収集、共有、または販売しません。

また、2要素認証、リモートワイプ、カスタムパスワード、有効期限、きめ細かいユーザー権限などを適用して、ファイルが適切に保護されるようにします。

さらに重要なことに、Sync.comは次のようなグローバルデータプライバシーに準拠しています。 GDPRコンプライアンス、PIPEDAコンプライアンス、HIPAAコンプライアンス.

豆知識:

HIPAAコンプライアンスは、ビジネスプランでのみ利用可能であり、パーソナルプランでは提供されません。

Sync.comも適用されます RAIDアーキテクチャ データセンターのサーバーで、データ損失につながる可能性のあるハードウェア障害を防止します。

さらに、これらのデータセンターはSOC 1 –認定を受けています。

Sync.comの使用–印象と全体的な経験

Sync.comのデスクトップ、Web、およびモバイルアプリケーションは非常に使いやすいです。

残念ながら、デスクトップアプリケーションはWindowsおよびmacOSシステムでのみ使用できます。ただし、Linuxシステムでは使用できません。

機能に戻ると、そのインターフェースは高速でわかりやすく、アプリケーションに出くわした瞬間の使い方を簡単に理解できます。

pCloudと同様に、ファイルとフォルダーをリンクとして共有できます。

pCloudとの唯一の違いは、Sync.comがリンクを暗号化することです。これは、無料のアカウントでも提供されます。

これらのリンクは、電子メールで送信するか、コピーして貼り付けることができます。

無料のアカウントでも、それらのリンクにパスワードを設定したり、リンクを削除して共有を中止したり、それらの共有リンクでエンドツーエンドの暗号化を有効にしたりできます。

また、「チームフォルダー」を作成することもできます。これは、ファイルをさらに保護するために、読み取りと書き込み、読み取り専用などのアクセス許可を作成できるWebブラウザーで使用できます。

Sync.comモバイルアプリケーションはAndroidとiOSで利用できます。

アプリを使用して、画像をクラウドに自動的にアップロードしたり、オフラインでもファイルにアクセスしたりできます。

パーソナル&ビジネスプラン

Sync.comは、5 GBの無料ストレージを提供する無料プランを提供しています。これはそれほど多くはありませんが、プライバシー保護はパッケージの一部です。

パーソナルクラウドの同期

アップグレードしたい場合は、PersonalとProSoloのどちらかを選択できます。パーソナルプランは、年間$60、つまり月額$5のコストで200GBを提供します。 Pro Soloプランは、1年あたり$96、つまり1か月あたり$8の価格で2TBを提供します。

繰り返しになりますが、この個人的な計画はフリーランスの弁護士にとって優れています。

同期ビジネスクラウド

法律事務所向けに、Sync.comは3つの異なるビジネスプロプランを提供しています。

  • ソロプラン

Soloプランでは、$10用に3TBのストレージスペースを提供します

1か月あたり、毎年請求されます。これは1年あたり$120です。ただし、このプランは1人のユーザーのみを対象としており、フリーランスの弁護士であれば使用できますが、理想的には、法律事務所には適していません。

  • チーム計画

チームプランでは、2〜100人のユーザーが使用できる最大10TBのストレージスペースを提供します。

それらのストレージスペースと価格は、3つの異なるプランのユーザーに応じて柔軟です:ユーザーあたり月額$5のコストで1TB、ユーザーあたり月額$8の値で4TB、ユーザーあたり月額$15の価格で10TB 。

簡単なヒント:

合計金額を知りたい場合は、彼らのサイトにアクセスして正確な金額を取得できます。 https://www.sync.com/createaccount/?plan=signup-businesspro.

  • エンタープライズプラン

エンタープライズプランでは、100ユーザーを超えるカスタムストレージの場合、コストはユーザーあたり月額$20から始まります。

とにかく、Sync.comは適度に安価で、使いやすく、安全であり、共有目的で堅牢なコンテンツ制御オプションを実装しています。

結局のところ、Sync.comはDropboxに似ていますが、100% クラウドストレージとしてより洗練されたプライベート 弁護士のために。

この素晴らしいクラウドストレージサービスについて詳しく知りたい場合は、 Sync.comレビュー.

  1. Tresorit

Tresorit

ゼロ知識暗号化
二要素認証
ゼロ知識暗号化
強力な共有機能
多層保護
高価な
使い勝手が悪い

上記の2つのサービスと同様に、Tresoritは強力なセキュリティ機能の強力な武器で知られています。

これらの機能のため、Tresoritは非常に高価であることが知られています。

しかし、クライアントに絶対的なセキュリティと機密性を必要とする弁護士にとって、価格設定は問題ではありません。

これにより、Tresoritは弁護士向けのクラウドストレージとして最適なコンパニオンになります。

Tresoritはエンドツーエンドの暗号化を実装して、クラウド内のファイルのセキュリティを保証します。

AES 256ビット暗号化を実行して、保存中のファイルを保護し、プライバシーのためにゼロ知識暗号化を実装し、TLSプロトコルを適用して、転送中にデータを標的とする攻撃をブロックします。

さらに、アカウントを保護するための2要素認証も提供します。

さらに、Tresoritは、実装することでファイルをさらに暗号化します 暗号化キーの共有 共同編集者間で共有する必要のある共有ファイルを復号化できる暗号化キーを提供し、誰かがシステムをハッキングした場合でも、ファイルの内容を知らないうちに変更できないようにするクライアント側の整合性保護を提供します。

US9563783で特許を取得

豆知識:

Tresoritは、サーバーをオランダとアイルランドにあるMicrosoftAzureデータセンターに保管しています。

さらに、Tresoritはデータセンター内のさまざまなサーバーにファイルを複製して、データ損失のリスクを軽減し、ファイルの可用性を拡張します。

Tresoritの使用–印象と全体的な経験

Tresoritのデスクトップアプリケーションは、Windows、macOS、Linuxで利用できます。

アプリケーションのユーザーエクスペリエンスは魅力的ですが、上記の2つに比べると使いやすさはそれほど簡単ではありません。

その理由は、として知られている個々の同期フォルダを作成する必要があるためです 「トレゾア」 ファイルを同期します。

Webブラウザとデスクトップアプリケーションの両方で、ファイルとフォルダを共有できます。リンクを生成して電子メールで送信するか、コピーして貼り付けることで、特定の人とファイルを共有できます。

フォルダを共有するための概念は、ファイルの共有に似ています。

デスクトップアプリケーションに加えて、TresoritはWebブラウザとモバイルアプリケーションで使用できます。

デスクトップアプリケーションと比較して、TresoritのWebブラウザはナビゲーション機能のために使いやすいです。

モバイルアプリケーションはiOSとAndroidで利用できます。これを使用して、携帯電話から写真やビデオをアップロードしたり、ストレージにアクセスしたり、ファイルをオフラインで使用できるようにしたりできます。

弁護士は常に移動しているため、モビリティは弁護士のクラウドストレージとして重要な基準です。

その上、モバイルアプリはパスコードロックを提供します。

個人とチームの計画

Tresoritの価格は高いかもしれませんが、無料トライアルで使用できます。

無料トライアルの「ベーシック」プランには3GBのストレージが付属しており、個別プランの2つのデバイスで使用できます。

個別プランには、プレミアムプランとソロプランがあります。

プレミアムプランでは、5台のデバイスに200 GBのストレージを月額$10.42の価格で提供し、年額($125.04 /年)または$12.50 /月で請求されます。

Soloプランでは、10台のデバイスに2TBを提供し、月額$24、年間請求($288 /年)、または月額$30の費用がかかります。

法律事務所の保管が必要な場合、Tresoritは別のビジネスプランを提供します。

ビジネスプランには、スモールビジネス、ビジネス、エンタープライズの3つのプランがあります。

スモールビジネスプランでは、ユーザーごとに月額$20を提供し、毎年請求するか、ユーザーごとに1TBのストレージに対して月額請求する$25を提供します。このプランは、2〜9人のチームのみを対象としています。

ビジネスプランでは、現在50%割引を提供しています。これは、ユーザーあたり月額$20、年額請求、または10人以上の企業の場合は月額$15です。

100人以上の大規模な組織に適したエンタープライズプランでは、ユーザーあたり月額$24、年額請求、または月額請求$30を課金します。

あなたが興味があるなら Tresoritについてもっと知る、先に進んで、それについてのレビューを読んでください。

  1. MEGA

メガ

ユーザーエクスペリエンスのシンプルさにおいて並外れた
ゼロ知識セキュリティ
ゼロ知識暗号化
強力な共有機能
多層保護
スロー

MEGAは、最高のゼロ知識暗号化の1つを組み込んだ堅牢なセキュリティおよびプライバシー機能で知られています。

それらの暗号化構造により、クラウド暗号化キーを制御できます。詮索好きな目はまったくありません。

ただし、最適な料金プランは提供されていません。

また、AES 128ビット暗号化を利用して、保存中のファイルを混合します。これは、AES256ビットほど強力ではありません。

それにもかかわらず、転送中にファイルを保護するためにTLSプロトコルを利用します。上記の他のサービスと同様に、2要素認証を利用できます。

MEGAは、その優れたセキュリティ機能に加えて、ユーザー向けのシンプルで魅力的なデスクトップおよびモバイルアプリケーションで知られています。

MEGAの使用–印象と全体的な経験

デスクトップアプリケーションはmacOS、Windows、およびLinuxで使用できますが、モバイルアプリはiOSとAndroidで使用できます。

他のサービスと同様に、モバイルアプリでファイルにアクセスし、写真やビデオを自動的にアップロードして、オフラインで使用できるようにすることができます。

Webブラウザーも使いやすく、使用方法を知るために手動の指示は必要ありません。

ほとんどのサービスは、ファイルをドラッグアンドドロップするためのこのような簡単な方法を提供していません。 Dropboxを除く。

その機能は、pCloud、Tresorit、およびSync.comに似ています。連絡先と直接、またはリンクを作成して送信することにより、ファイルを共有できます。

フォルダについても同じ概念です。電子メールを使用する場合は、フルアクセス、読み取り、読み取りと書き込みなど、さまざまなレベルのアクセス許可を付与できます。

個人および事業計画

MEGAは、それぞれのプランで5つの異なるプランを提供しています。

無料プランは50GBから始まります。

ただし、15 GBは無料ユーザーとして使用できる実際のストレージであり、追加の35GBは1か月のサインアップ後に期限切れになります。

こちらのチュートリアルから、これらすべての50GBの無料ストレージを実現する方法を学びます.

他の4つのプランは有料プランです。

1.プロライト

このプランは、月額4.99ユーロの最低価格から始まり、200GBのストレージとTB転送を提供します。

2. PRO I

このプランはMEGAによっても推奨されており、1TBのストレージと2TBの転送を提供する月額9.99ユーロの最も人気のあるオプション料金です。

3. PRO II

月額19.99ユーロの価格で、このプランは4TBのストレージと8TBの転送を提供します。

4. PRO III

このプランの価格は月額29.99ユーロで、8TBのストレージと16TBの転送を提供します。

ドロップボックスやグーグルドライブと比較したメガビジネスプラン

彼らのビジネスプランでは、MEGAはユーザーあたり月額10ユーロ、最低3ユーザーを提供しています。

保管と転送は無制限で、個別のプランとは異なり、すばらしいプランです。

それにもかかわらず、MEGAは弁護士向けのクラウドストレージとして全体的に優れていますが、pCloudやSync.comが価格設定で提供しているのと同じ期待に応えていません。

MEGAは2013年に発売されたため、まだ若いと見なされており、pCloudやSync.comと同じレベルで上昇できることを期待しましょう。

あなたがしたい場合 MEGAについてもっと知る、私たちのレビューに追いつきます。

  1. IceDrive

Icedrive

10GB無料プラン
Twofish暗号化
ゼロ知識暗号化
クライアント側の暗号化
SimpleWebsiteインターフェース
二要素認証なし
限られた共有機能

2018年に開始されたこのサービスは比較的新しいものですが、テスト用に10GBの無料プランを提供しています。

しかし、このサービスを魅力的なものにしているのは、この無料プランにTwofish暗号化アルゴリズムを提供していることです。

Icedriveは優れたセキュリティ機能を提供しますが、その共有機能は平均的であり、あまり印象に残りません。

Icedriveが始まったばかりであることを考えると、他の競合他社とは異なり、多くの機能を提供していないことは理にかなっています。

そうは言っても、共有機能と同期機能を提供しますが、Sync.comやpCloudほど良くはありません。

Icedriveの使用–印象と全体的な経験

現時点では、Icedriveデスクトップは Windowsでのみ利用可能、しかしそれはシンプルで使いやすいです。

ナビゲーションメニューを使用して、ファイル、共有ファイル、暗号化されたフォルダー、最近アップロードおよび削除されたファイルを表示できるため、Webブラウザーも単純明快です。

他の人と同様に、リンクを生成してファイルを共有し、それを電子メールで送信するか、コピーして貼り付けることができます。

リンクを作成したら、パスワードと有効期限を作成して保護を設定できます。フォルダ共有も同じように機能します。

モバイルアプリに関しては、Androidで利用可能であり、iPhoneユーザーにとっては不利です。

前述のように、Icedriveは、RijndaelやAESよりも優れたセキュリティソリューションであると主張しているため、Twofishアルゴリズムを実装しています。

また、暗号化パスフレーズを使用して256ビットのキーを作成します。それが行うことは、クライアント側でそれらを作成し、サーバーにキーを転送しないことです。

それはあなたのアクセスをプライベートなものにします。また、転送中のファイルを攻撃から保護するTLS / SSLプロトコルも実装しています。

Icedriveの暗号化の詳細の詳細.

無料のプランにもかかわらず、暗号化のメリットはTLS / SSLプロトコルを除いてその一部ではありません。

プレミアムプランでのみご利用いただけます。 Icedriveは、2要素認証も提供していません。

サブスクリプションとライフタイムプラン

プレミアムプランは、3つの異なる有料オプションで提供されます。

月額プラン

Icedriveの月額サブスクリプション

Liteプランは月額オプションでは利用できませんが、他の2つは利用できます。 Proプランは月額$4.99または1TBのストレージと2TBの月間帯域幅を提供しますが、Pro +の価格は5TBのストレージと8TBの月間帯域幅で$17.99 /月です。

Icedriveの年間サブスクリプション

年間計画

Liteプランでは、1か月あたり$1.67が提示されます。これは、150GBのストレージと250GBの月間帯域幅で年間$19.99です。 Proプランでは、1か月あたり$4.17が提供されます。これは、1TBのストレージと2TBの月間帯域幅で年間$49.99です。 Pro +の価格は月額$15.00で、5TBのストレージと8TBの月間帯域幅で年間$179.99です。

Icedriveの寿命

ライフタイムプラン

このオプションでは、価格がわずかに異なります。つまり、1回限りの支払いです。

繰り返しになりますが、Icedriveは、個人とビジネスの2つの異なるプランを提供する競合他社とは異なり、1種類のプランしか提供しません。

佳作:

生涯のクラウドストレージと言えば、私たちのお気に入りはまだ pCloudライフタイム。私たちのセーバー計算機であなたが長期的にどれだけ節約しているかを調べてください。

したがって、この弁護士向けのクラウドストレージは、特にフリーランサーや小規模な法律事務所に最適です。

一方、大企業の場合、コラボレーションと共有の機能があるため、あまりメリットがない可能性があります。しかし、まだ希望をあきらめないでください。Icedriveはまだ若く、ランキングを上げる特定の分野で改善する可能性があります。

お望みならば Icedriveに関する詳細情報、GoodCloudStorageにレビューがあります。

最後の言葉–弁護士の顧客にとって守秘義務は不可欠です

適切なサービスの選択は、セキュリティ、保管スペース、および使いやすさの好みに基づいて、弁護士および法律事務所に依存します。

このリストが、弁護士向けのクラウドストレージがあなたに最適であるかどうかを判断するのに十分な根拠をカバーしていることを願っています。

pCloudとSync.comは、優れたセキュリティと優れたコラボレーションおよび共有機能により、リストのトップになります。

一方、TresoritとMEGAも適切な選択肢ですが、トップに立つことからそれらを分離するために求められた欠陥があります。

Icedriveは強力なセキュリティ機能も提供しますが、多くの機能が不足しているため、他の機能と同等ではありません。

何よりも、物事が邪魔にならないかどうか確信が持てず、クライアントデータを完全に制御する必要がある場合でも、次のことを行うことをお勧めします。 クラウドストレージの代わりにNAS.

引用元:
https://uptimelegalworks.com/2019/06/11/best-cloud-storage-for-law-firms/
https://www.thevirtualattorney.com/blog/exploring-personal-cloud-storage-attorneys
https://legal-workspace.com/responsible-law-firms-use-cloud-storage/
https://info.cloudcarib.com/blog/why-your-law-firm-should-store-data-in-the-cloud
https://www.thelawyerportal.com/free-guides/areas-legal-practice/
https://www.ironmountain.com/resources/general-articles/l/law-firms-face-diverse-challenges-when-it-comes-to-records-management-and-storage
https://pdfs.semanticscholar.org/73ff/63ee455bbbec58152a53b976c6ec2085b0da.pdf
https://www2.nycbar.org/pdf/report/uploads/20072378-TheCloudandtheSmallLawFirm.pdf

より多くの調査と調査

写真に最適な7つのクラウドストレージ

安全なDropboxの代替品

私たちが愛する無料のクラウドストレージ