クラウドストレージのセキュリティ–簡単なガイドとそれをより安全にする方法

クラウドストレージのセキュリティは、オンラインで保存されているコンテンツを保護する能力として定義できます。クラウドベースのサービスの急増に伴い、人々はこの形式のストレージを大量に使用するようになりました。ハッカーも同様です。

これに対応して、プロバイダーは、システムを安全に使用するために、ゲームを強化し、新しい対策を実装する必要がありました。

クラウドストレージセキュリティとは

名前が示すように、クラウドストレージのセキュリティとは、データがクラウドに保存されているときにデータを保護することです。

すべてのクラウドストレージプロバイダーは、不正アクセスやデータ漏洩を防ぐためにさまざまなセキュリティ対策を採用しています。

彼らがそうしているという事実は、あなたが彼らに大きな信頼を置くのに十分な理由です。

しかし、それはあなたが彼らの慣行について疑問や疑いを持たずに彼らの推奨に盲目的に従うべきだという意味ではありません。

必要がある 身を守る方法を学ぶ 彼らのサービスを使用している間。

クラウドストレージはどの程度安全ですか?

クラウドストレージのセキュリティ

すべてのプロバイダーがクラウドストレージを保護する独自の方法を持っているため、この質問に対する普遍的な答えはありません。

防弾システムを構築するために独自の新技術が開発されていると時々聞いていましたが、100%の絶対確実な技術はありません。

あるとよく耳にします 違反またはハッキング クラウドストレージプロバイダーのシステムで、データが脆弱になる可能性があります。

そうは言っても、クラウド内のデータの安全性を確保するために、さまざまなプロバイダーによって使用される新しい方法またはアップグレードされた方法が常にあります。 ゼロ知識暗号化 や。。など。

それにもかかわらず、 GoodCloudStorage テクノロジーは進歩を遂げるが、これらすべての安全なクラウドストレージサービスが常に支持されるというコア原則「BADS」を固く信じています。

つまり、暗号化やセキュリティ対策の進歩だけでなく、機密性とプライバシーの認識方法によっても、信頼性と信頼性があります。

クラウドストレージのセキュリティのためにCSPが行うこと

多くの人が考えることに反して: クラウドストレージのセキュリティ プロバイダーだけに依存しているわけではありません。

データを保護するために適切な措置を講じるのはユーザーの責任です。知識の欠如または不十分な注意は、悲惨な結果を伴うセキュリティ違反を引き起こす可能性があります。

クラウドでデータを保護するための最初のステップは、データがどのように機能し、保護するために何ができるかを理解することです。

各クラウドストレージサービスには独自のセキュリティアプローチがありますが、それらはすべて同じ基本原則に従います。

例:一意のパスワードを使用してデータへのアクセスを制限します。安全なサーバーでデータを暗号化します。暗号化とパスワード保護により、権限のないユーザー(ハッカーなど)がデータにアクセスできないようにします。

そして、次のような厳しい要件を持つものもあります HIPAA準拠のデータストレージ.

これは、ローカルコンピュータまたはデバイスにローカルに保存されているファイルを保護するために使用する手順と基本的に同じであるため、おそらくすでに知っていることです。

クラウドデータのセキュリティリスク

クラウドストレージの安全性は主にクラウドストレージプロバイダーによって決定されますが、 クラウドのリスク.

取るべき最も重要なステップは、信頼できる評判の良いプロバイダーを選択することです。

それらが優れたセキュリティ基準と記録を持っていることを確認してください。私たちはそれらのいくつかを私たちの中にリストしました 最も安全なクラウドストレージのまとめ.

ここで話しているリスクは何でしょうか?

明らかなセキュリティリスクの他に、クラウドストレージを使用する際に注意する必要のある問題が他にもあります。

先に述べたように、最も一般的なクラウドストレージのセキュリティリスクは、侵害やハッキングによってデータが漏洩することです。

そして、これらは パスワードを盗むための6つのハッカーのお気に入りのテクニック.

これはデータの損失につながる可能性がありますが、IDの盗難にもつながる可能性があります。

プロバイダー自体に関連するリスクもあります。

たとえば、クラウドストレージプロバイダーにアクセスできないかダウンしている場合、データにアクセスすることはできません。

これにより、重要なドキュメントが失われるなどの壊滅的な結果が生じる可能性があります。

クラウドストレージのセキュリティの脅威を最小限に抑える方法は?

リスクを最小限に抑えるには、まず、安全で信頼性の高いクラウドストレージプロバイダーがあることを確認する必要があります。

あなたが優れた顧客サービスと記録を持つものを手に入れることが最善でしょう。また、過去に信頼できるサービス、または存続するレガシーがあったサービスを選択する必要があります。

また、セキュリティ違反に関するクラウドストレージプロバイダーのポリシーと手順を綿密に監視したり、サイバー犯罪に関するニュースに注意を払ったり、疑わしい活動を特定したりすることもできます。

私たちも常に役割を果たしています 稼働時間の監視 これらのクラウドストレージプロバイダーのうち、最小限のダウンタイムでデータがクラウドで利用可能になることを常に期待できます。

また、サイバー犯罪を含むセキュリティ問題のニュースを常に最新の状態に保ち、問題を特定してリスクを最小限に抑えるよう努めます。

5クラウドストレージセキュリティのベストプラクティス

クラウドストレージセキュリティのベストプラクティスはローカルデータセキュリティと大差ありませんが、注意が必要な点がいくつかあります。

1.強力なパスワードを使用する

まず、常に安全なパスワードを使用してください。誰かがあなたのパスワードを推測しても大したことではないと思うかもしれませんが、それは彼らがあなたのデータにアクセスできるからです。シンプルで推測しやすいものを使用することが、データ侵害の主な理由になっています。

8文字以上で、記号、数字、大文字を含む複雑なパスワードを使用していることを確認してください。

2.2要素認証を有効にしました

次に、2要素認証を使用してクラウドストレージアカウントを保護します。これにより、ログインの詳細が危険にさらされた場合でも、侵入が非常に困難になります。

3.未使用のデバイスを切断します

新しいデバイスを変更することは数年後には当たり前のことですが、サービスプロバイダーを変更することはめったにありません。

それは悪いことではありませんが、セキュリティの抜け穴を潜んでいる人に任せないのが最善です。つまり、サービスにアクセスできる古いデバイスを非アクティブ化する必要があります。

4.各セッション後にサインアウトします

アカウントでの作業が終了したら、アカウントからサインアウトしてください。特に、家族全員に家族用PCのような共有または公共のコンピューターを使用している場合。

A ファミリークラウドストレージ 誰にとっても選択肢になる可能性があります。

5.同じパスワードを使用しないでください

最後に、可能であれば、すべてのクラウドストレージアカウントに同じパスワードを使用しないでください。サービスごとに異なるパスワードを使用することをお勧めします。さまざまなパスワードをすべて覚えておくと、圧倒される可能性があることを理解しています。だから私たちはこれらを利用する必要があります 無料のパスワードマネージャーサービス.

最終的な考え

クラウドストレージの安全性とセキュリティは、ユーザーからプロバイダーまで、すべての人の責任です。

GoodCloudStorageは、クラウドストレージのセキュリティを提供する上で真剣にその役割を果たしており、データの安全性が最初で最後の重要な懸念事項です。

クラウドストレージは、現代のテクノロジーの重要な部分です。

ただし、サイバー犯罪やハッキングの増加に伴い、データの安全性を確保するための予防策を講じることが重要です。

個人情報が盗まれたり、データが漏洩したりすることは望ましくありません。

私たちはあなたに関係するかもしれない最も包括的なクラウドストレージセキュリティをあなたに提供したことを願っています。

記事では、クラウドストレージのセキュリティに関する主要な質問と懸念のほとんどを取り上げました。

クラウドストレージは、今日のテクノロジーで最も急速に成長しているセクターの1つであり、データを常に保護および保護することが重要です。

それでも確信が持てない場合は、 ホームNAS あなたが探している答えになることができます。